ホーム  |  ログイン
 
MODERNMUSIC :: Pro Audio Shop
カートに入れる:



お問い合わせ

RUPERT NEVE DESIGNS PORTICO 517:お取り寄せ

102,230円  96,800円
特価割引: 5%OFF

※表示価格は全て税込となります。
※特価品の適用決済は現金払い(銀行振込含む)のみの受付となります。


概要

[ 正規輸入代理店扱品 ]

Portico 5017

モバイルプリアンプをベースに開発された517は、ワールドクラスのトランスフォーマーカップルされたマイクプリアンプ、コンプレッサー、DI回路に加えVari-Phase、SILK、DI/マイクプリブレンド機能を500シリーズ規格に収めたものです。このRND社にとって初めての500シリーズのモジュールはルパート・ニーブによって設計されました。517はあなたの500システムに不可欠なソニッククオリティーが詰め込まれています。
Mic Pre and Instrument Amplifier
517のマイクプリアンプ部は5017と同様に66dbゲインを有すと共に位相反転スイッチ、ファンタムパワー供給を搭載します。インストルメントアンプは30dbのゲイン、グランドリフト、可変式フェーズ、インストルメントスルーコネクションを持ちます。
Blended Use
517は楽器用のデバイスとして位相整列や、アンプ増幅された信号とダイレクトの信号の組み合わせができます。これはDIのダイレクト信号とスピーカーキャビネットに立てたマイクで信号を組み合わせることができるということです。ブレンドコントロールはこれら二つソースの信号のミックス具体を調整し、Vari-Phaseはこの二つの信号で起きる位相差を軽減できます。さらに、これらブレンドした信号を対してコンプレッサーを掛けることできます。
The Compressor
517のオプトカプラーコンプは、新しいLDR(light dependent resister)技術にをベースに設計されており、オートメイクアップゲイン機能付のひとつのスレッショルドコントロールで扱えるものになっています。コンプレッサーは2:1のレシオに設定されアタック、リリースは自動になっています。好みのコンプレッションが得られるまでスレッショルドつまみを回してゆくだけです。コンプレッションが掛かっているかは、LEDライトで確認できます。
Vari-Phase
一般的な位相反転スイッチに加えて、517のVari-Phaseコントロールは徐々に位相を調整できます。このコントロールは、どんなときでも二つに分けられたソースをひとつににて扱う時に大変便利です。
例えば、十分に気をつけて設置されたドラムのオーバーヘッドであっても音が抜けたようなサウンドになる場合があります。このVari-Phaseを使うことにより、信号が自然になるまで位相を回転させることができるのです。

このテクニックは、517が内蔵するブレンドコントロールと合わせてとても効果的に使えます。ベースプレーヤーは、よくDIとアンプに立てたマイクの信号を組み合わせて音を作ります。2つの信号をひとつの信号をブレンドでミックスし、位相をVari-Phaseで調整するのです。ミュージシャン、エンジニアはDIの位相を気にすること無くベストなマイクポジションを見つけられます。
「Microphone Impedance and Noise」 ルパート・ニーヴによるエッセイ
ノイズ

ノイズは、幾つかの方法で測定できます:
ユニティゲイン - 100 dBu 以上
66 dB ゲイン -62 dBu 以上
等価入力雑音 -128 dBu 以上

または:雑音指数 1 dB 以下
または:等価雑音抵抗 50 ohms
または:短絡入力雑音 -136 dBu.

デシベル

デシベル(単位)は、相対的な関係を表し、かつ比較のため用いられます。例えばアンプ "A" がアンプ "B" より、3 dB ノイズレベルが低いとします。しかし、基準値がない場合、他のアンプと比較して、これらのアンプがどの程度良いのか知ることはできません。アンプ "A" も "B" も、ひどい数値かも知れません。ただその場合、アンプ "A" は、"B" より、3 dB 分だけマシであることは分かるのです。

単位として用いられている "dBu" は、元々電話通信の標準である、"dBm" に由来しています。これは、600 オームで終端した場合、1 mW (0.001ワット) を示します。これは、0.775 ボルトに相当する値です。

近年プロオーディオ業界では、種々のインピーダンスを使用します。単位 "dBu" は、電力レベルではなく、電圧基準となる 0.775 ボルトRMS を示しています。

電気雑音

電気雑音には、幾つかのタイプが存在しますが、ここでは、アンプなどに用いられるデバイスで発生する雑音、あるいは回路中の抵抗で発生するノイズについて話したいと思います。これは一般的に、熱雑音、あるいはジョンソン雑音と呼ばれているものです。音楽信号に伴って発生する "ヒスノイズ" のように、雑音は出来る限り、低レベルに抑えるのが理想的です。(時折、"ハムノイズ" や "バズノイズ" が発生しますが、これらは干渉ノイズであって、回路ノイズではありません)。熱雑音、またはジョンソン雑音の原因は、抵抗の中でイオン化された分子がブラウン運動を行うため発生すると考えられています。熱雑音は基本、完全に除去することは不可能です。

近年のマイクは、150〜300 オームのソース抵抗 (正確にはインピーダンス) に設定されています。マイク本体に音の入力がなくても、ソース抵抗自体がノイズを発生するのです。

マイクが接続されるアンプは、さらにその増幅デバイスと回路の抵抗からノイズを発生します。これらの2種類のノイズ、内部ノイズと外部ノイズが加えられ、等価入力雑音になります。

マイクの信号は普通、低電圧レベルであるため、それなりの増幅が必要になります。ここで私達は、66 dB のゲインを稼ごうとしているとしましょう:入力で生じたノイズに対して、アンプを介し、出力側で測定するとしましょう。すると測定値は入力側のノイズより、当然 66 dB 分大きくなります。この出力ノイズの測定は、比較的簡単です。ここまで見てきたように、それはアンプノイズとマイクのソース抵抗ノイズを合わせたものであることが分かります。

ゲインを考慮に入れると、これが等価入力雑音 (E.I.N.) となります。ただし、これではアンプがどの程度優れているか、正確には分かりません。温度、周波数帯域、および抵抗値を知っていれば熱雑音を正確に算出することが可能です。実際に測定されたノイズから、この算出された熱雑音の数値を差し引いた数値が、アンプノイズということになります。
大半のマイクプリアンプ設計者は普通単純に、E.I.N. を引用しています。計算によって算出されたされた抵抗ノイズと、この E.I.N. はほぼ近い数値を示すためです。当然アンプノイズは小さければ小さいほど良いのですから。

マイクプリアンプのノイズパフォーマンスについては、さらなる情報を得ることも可能です:
例えば、雑音と抵抗の図表を使って示すことができます。熱雑音、あるいは純粋なアンプノイズは直線的であるのに対して、アンプノイズは特定のアンプに対するソース抵抗に依存した形の曲線となります。二つのノイズ計測における差違は、dB を単位とした雑音指数 "Noise Factor" として表されます("N.F."。"R.F." としても知られる)。
したがって、マイクのソース抵抗さえ分かっていれば、雑音指数は例えば 1dB であることが分かります。マイクの信号ソースインピーダンスは、すべての周波数帯域で同一でないため、実際の(聴覚上音のない状態) マイクインピーダンスを代用すれば、グラフから見て取れる情報は非常に多いことが分かります。これに関しては、別の機会で話すことにしましょう。

E.I.N. で算出した数値以外で、マイクプリアンプのノイズパフォーマンスを知る方法としては、アンプの組み合わせで生成されるノイズ、および抵抗雑音を、一連の抵抗値毎にゼロまで測定してみる方法です。抵抗値がゼロの抵抗が入力に接続されている場合 (言いかえれば入力が短絡している場合)、理論上抵抗雑音は発生しないため、もし雑音が観測されるとしたら、それはすべてアンプ自体から来ていると考えられます。さらに抵抗の数値を計測すれば、それが計測されたアンプノイズに等しいノイズを作り出していることが分かります。

こういうことから、アンプのノイズパフォーマンスは、一つの抵抗雑音と本質的に同じノイズであると言えるのです。これはとても良い方法だと言えます。何故なら測定が容易なこと、さらにプリント基板やコネクタの抵抗、アンプから入力短絡を適用したポイント間のケーブルの長さまで考慮に入れることができるためです。(優秀なアンプノイズパフォーマンスを持っていたとしても、マイクケーブルやスネークケーブルを接続するだけで、数デシベルのノイズが加わることを忘れないように!)

ダイナミックレンジ

通常リボンマイクのような高品位マイクには、低い信号ソースインピーダンスが設定されています。リボンマッチングトランスの出力は 30 オームほどです。ムービングコイル方式を採用しているマイクでは、これより高い数値を設定していますが、近年ほど標準化されていませんでした。コンデンサマイクは、IC時代の幕開け前には、トランス出力に接続されたチューブヘッドアンプを採用していました。ミキシングコンソールのヘッドアンプにもチューブ回路が採用され、このような場合、非常に高い入力インピーダンスが必要でした。
前にも述べた通り、マイクは発電デバイスではなく、電圧発生デバイスなのです。よって、アンプに対しては、可能な限り大きい電圧信号を送ることが必要不可欠なのです。伝統的に、アンプ入力インピーダンスは、1,000 / 1,200 オーム (マイク信号ソースインピーダンスの約5 / 6倍) に設定されています。マイクには比較的低い負荷がかかることになります。手段は何であれ、これは電圧ロスを回避する試行錯誤の果てに行き着いた結論なのです。

1960年代初頭、ポップミュージックが全盛時代を迎え、スタジオでは信号レベルを出来る限り突っ込むことが主流になりました。コンソール側の入力インピーダンスが低すぎると、コンデンサマイクのヘッドアンプが過負荷となる懸念があったのです。初期のコンソールでは、48 ボルトファンタム電源を用いて電源を供給する手法が導入され、私は、コンソール内蔵ヘッドアンプの負荷を減らすため、通常の 1,000 / 1,200 オームより高い入力インピーダンスが欲しいと依頼されました。こうすることで、コンソールの入力トランス段において、それほど電圧をステップアップする必要はなくなりました。ところがそれと引き替えに、他のマイクタイプ (例えばダイナミックマイク) では、ノイズ問題で問題が出てくる懸念がありました。マイクに極端な負荷をかけないようにすれば、マイクの信号電圧が稼げるようになりました。さらに、負荷をかけないようにすると、マイクロフォンインピーダンスの変動による周波数レスポンスの偏差を軽減し、大音量でも歪みを最小限にとどめることが可能になりました。

Rupert Neve Designs Portico マイクプリアンプでは入力インピーダンスは、10,000 オームに設計されています。高い入力インピーダンスは、マイク信号ソースインピーダンスの変動に対する周波数の変化が、音質に与える影響を最小限に抑えるために設定されています;つまり、マイクの負荷によって、最大限の出力レベルを確保し、マイクの歪みを最小限にとどめることに成功したのです。これにより、音の透明度を極限まで保つことが可能になりました。

ページ最上部へ


 | ホーム |